LINEモバイルの「招待プログラム」「招待URL」って何?怪しくない?内容を解説

「LINEモバイルの「招待プログラム」「招待URL」って何?怪しくない?内容を解説」のアイキャッチ画像

LINEモバイルについて調べていると必ず目にするのが「招待キャンペーン(招待URL)」です。

招待URLとは、LINEモバイルが公式で行っている事務手数料3,000円が無料になるお得なプログラムです。

LINEモバイルを使っている人からURLを送ってもらい、そこから音声通話SIMに申し込むと初期費用が安くなるという仕組みです。

とはいえ、家族や知り合いで使っている人がいないケースも多いでしょうし、どこの誰とも知らない人の招待URLで契約するのは個人情報が漏れたりしないか不安ですよね。

そこで本記事では、LINEモバイルの招待プログラムの特徴や安全性について解説していきます。

LINEモバイルの招待プログラムの特典内容

LINEモバイルの招待プログラムの特典内容は以下のとおりです。

招待した人 招待された人
特典内容 LINEポイント3,000pt
× 招待した人数分
新規契約時の契約事務手数料が
最大無料になる

  • 音声通話SIM:3,000円 → 0円
  • データSIM(SMS):3,000円 → 500円
  • データSIM:3,000円 → 1,000円
注意事項 ・招待URLの発行は1日に1回まで
・一度使った招待URLの再利用は不可
・音声通話SIMの契約のみ事務手数料無料
・申し込みにはクレジットカードが必須

LINEモバイルの招待プログラムは、招待した側と招待される側とでもらえる特典が異なります。

招待された側の人は、招待URLから申し込みページにアクセスして画面の指示に従って申し込みをするだけで事務手数料がお得になります。

音声通話SIMを申し込むと通常は3,000円の手数料が発生しますが、招待URLを使えば0円で使えるようになるので断然おトクです。

GOOD

招待URLを使って申し込んだあと、今度は自分が招待URLを発行することでLINEポイントがもらえる特典を利用可能です!

招待プログラムで獲得できる「LINEポイント」の使い方

招待プログラムで獲得できる「LINEポイント」は、基本的にLINEのサービス(スタンプやLINE Payなど)で利用することになります。

LINE Payでは1ポイント=1円として換算されるので、コンビニやLINE Pay対応店舗の支払いに使えます。

昨今では提携サービスも増えており、食事のデリバリーにも使えることから利便性はかなり高いといえます。

また、LINEを使う上で欠かせないLINEスタンプの購入やAmazonギフト券への交換など、用途は多岐にわたります。

LINEポイントの使い道一覧

ここでは、LINEポイントの使い道の一例をご紹介します。

サービス名 使いみち
LINEモバイル 1ポイント=1円として、スマホの支払いに利用可能
LINE Pay 1ポイント=1円として、買い物・送金に利用可能
LINEデリマ 100ポイントから利用可能。全国にある約14,000店舗から出前の注文が可能
LINE MUSICクーポン 500ポイントから聴き放題になるクーポンコード取得可能
Amazonギフト券 550ポイント=500円として交換可能
nanacoポイント 300ポイント=nanacoポイント270ptから交換可能
Pontaポイント 300ポイント=Pontaポイント270ptから交換可能
ベルメゾン・ポイント 300ポイント=ベルメゾン・ポイント270ptから交換可能
JALマイレージバンク 300ポイント=100JALマイルから交換可能

上記の他にも、スターバックスやローソン、ファミリーマート、ミスタードーナツなどの店舗で対象商品との交換が可能です。

詳しく知りたい方は、LINEアプリを起動して「ウォレット」内にある「LINEポイント」を押して確認してみてください。

LINEポイントには有効期限がある点に注意!

LINEポイントには、獲得した日から180日間の有効期限があります。

180日間の有効期限を過ぎるとそのポイント分がすべて失効してしまいます。

LINEポイントを獲得したら、なるべく早いうちにLINEモバイルの支払いやAmazonギフト券に変えた方が良いでしょう。

LINEモバイルの招待プログラムの手順

ここでは、LINEモバイルの招待プログラムを使う手順を「招待する側」「招待された側」の両方の目線からご紹介していきます。

どちらも簡単なので、サラサラっと読み流してもらえればOKです。

招待する側

招待する側の手順

  1. LINEモバイルのマイページにログイン
  2. マイページ上部のメニュー内にある『招待URL発行』を押す
  3. 『招待URLを発行する』を押す
  4. 「招待URLを発行しました」と表示されたら『LINEで送る・メールで送る・URLをコピー』のいずれかで招待したい人へ招待URLを送る

招待する側の人は、マイページにログインすると招待URLが発行できます。

招待URLを使ってもらえればその分だけLINEポイントがもらえるので、そのポイントを上手く使うと自分のスマホ代を実質タダで使い続けることが可能です。

招待URLは発行されてから24時間しか使うことができないので、発行したらすぐに送ってすぐに登録してもらうようにしましょう。

招待された側

招待された側の手順

  1. 招待URLを押してLINEモバイルにアクセスする
  2. 画面の指示に従ってLINEモバイルへの申し込みを行う

招待された側の人は、送られてきた招待URLからLINEモバイルにアクセスして、画面の指示に従って申し込みを進めるだけです。

家族や知人でLINEモバイルを使っている人がいない場合は、ネットで検索すると色々なサイトに招待URLが掲載されているのでそちらをご利用ください。

LINEモバイルに登録をしたら、今度は自分が招待する側になることができるので、初期費用を抑える意味でも招待プログラムを有効活用しましょう。

招待プログラム・招待URLに関する「よくある質問」

ここでは、LINEモバイルの「招待プログラム」「招待URL」に関する、よくある質問にお答えしていきます。

招待URLから契約する場合でも端末の購入はできる?

端末の購入も可能です。

申し込み画面の指示に従って、お好きな端末をお選びください。

招待URLから契約する場合にエントリーパッケージやキャンペーンコードは使える?

招待URLから申し込む場合はエントリーパッケージやキャンペーンコードは使えません

ただし、これらの特典も基本的に事務手数料が無料になるといった内容なので、どちらを選んでも大きな差はないといえます。

招待URLから契約したら招待した人に自分の個人情報が漏れたりしない?

契約者の個人情報が漏れるということはありませんのでご安心ください。

Twitterやさまざまなブログで「招待URL」が掲載されているのを見かけることがよくありますよね。

招待URLを使う上で気になるのが「招待URLを発行した人に自分の個人情報や契約内容が漏れるんじゃないか?」という点かと思います。

ですが、招待URLを発行した人に個人情報が漏れることは一切ないのでご安心ください。

招待URL経由で契約しても、招待URLを発行した人からは何の情報も見ることはできません(強いて言うなら招待URLが使用されたという内容くらいでしょうか)。

なので、これからLINEモバイルに申し込もうと思っている人は安心して招待URLをご利用ください。

まとめ:事務手数料がタダになるお得なキャンペーンで怪しくない!

まとめ

  • LINEモバイルの招待プログラムは音声通話SIMの事務手数料が0円になる公式キャンペーン
  • 招待した人に入力した個人情報が漏れることは一切ないので安心して使える

招待プログラム(招待URL)は、招待された人がLINEモバイルを申し込むときの事務手数料が0円になるおトクなキャンペーンです。

招待URLから申し込んだからと言って個人情報が漏れることは一切ないので安心してご利用ください。