ソフトバンクの解約方法・解約する時の注意点まとめ

「ソフトバンクの解約方法・解約する時の注意点まとめ」のアイキャッチ画像

ソフトバンク光も合わせて解約するならコチラ

NURO光をご利用中の方はコチラ

ソフトバンクの解約方法

解約方法は2通り!

ソフトバンクの解約は、My SoftBankまたは最寄りのソフトバンクショップで手続きができます。

My SoftBankで手続きを行う場合はソフトバンクの電話番号とパスワードでログインが必要です。

店舗で解約する場合は以下の持ち物が必要になるので事前に準備しておきましょう。

ソフトバンクを解約する時に必要な持ち物

  • 本人確認書類(免許証やパスポート、マイナンバーカードなど)
  • 解約予定の端末
  • 解約予定のSIMカード

なお、店舗で手続きをする場合は待ち時間が気になる人も多いかと思いますが、公式サイトから最寄りの店舗の来店予約が可能です。

来店予約をしておくことで無駄な待ち時間を省けるようになるので、店舗で解約したい人はご活用ください。

ソフトバンクを解約する時の注意点

ソフトバンクのスマートフォンや携帯電話を解約する時の注意点は以下のとおりです。

それぞれの注意点について解説していきます。

1.旧プランの利用者で更新月以外の解約は最大10,450円の違約金が発生する

ソフトバンクの旧プランの利用者は、更新月以外で解約すると最大10,450円の違約金が発生します。

旧プランとは主に以下が挙げられます。

  • ウルトラギガモンスター
  • ミニモンスター
  • スマ放題/スマ放題ライト
  • ホワイトプラン

自分がどのプランを使っているかを覚えている人は少ないかと思いますが、契約中の料金プランは「My SoftBank」で確認ができます。

違約金を支払わずに済む更新月も同様に確認ができるので、ソフトバンクを解約する際には必ずWebサイト上で更新月をチェックするようにしましょう。

2.分割支払金の残債は解約後も継続して支払う必要がある

ソフトバンクでiPhoneやスマートフォンを購入して分割支払い金の残債がある人は、解約後も継続して支払う必要があります。

分割支払い金の残債とは、いわゆる”住宅ローン”と同じなので、たとえソフトバンクを解約したとしても支払い義務があるためです。

基本的にはそのまま分割支払いが継続されますが、ソフトバンクショップで手続きをすれば一括精算も可能なのでお好きな支払い方法をお選びください。

3.ソフトバンクからの特典やYahoo!プレミアムが利用できなくなる

ソフトバンクを利用していると、クーポンやPayPayボーナスがもらえる特典がもらえます。

また、Yahoo!プレミアムを無料で利用できるなどの特典もありますが、ソフトバンクを解約するとこれらの特典が利用できなくなります

普段からYahoo!ショッピングやヤフオクを利用している人は特にご注意ください。

4.ソフトバンクドメインのメールアドレスが使えなくなる

ソフトバンクを解約すると、softbank.ne.jpやi.softbank.jpなどのメールアドレスが使えなくなります

普段から利用しているサービスのメルマガや通知などが届かなくなってしまう恐れがあるので、事前にGmailやYahooメールなどのフリーメールアドレスに変更しておきましょう。

5.解約月の利用料金は日割り計算されない

ソフトバンクの解約月の利用料金は日割り計算されません

月初めに解約すると1か月分の利用料金が無駄になってしまうので、できるだけ月末を狙って手続きを行うことをおすすめします。

まとめ

本記事では、大手携帯キャリアのソフトバンクの解約方法と解約時の注意点をまとめました。

旧プランの利用者は最大で10,450円の違約金が発生するので、My SoftBankで事前に更新月を確認してから手続きを行うようにしてください。

なお、My SoftBankから解約手続きが可能ですが、受付時間が9時〜20時までと決められているので気をつけましょう。

ソフトバンク光も合わせて解約するならコチラ

NURO光をご利用中の方はコチラ