【完全保存版】光回線の解約方法と36社の連絡先一覧まとめ

「【完全保存版】光回線の解約方法と36社の連絡先一覧まとめ」のアイキャッチ画像

光回線の基本的な解約方法

光回線の解約手続きは、基本的に以下の流れで行うことになります。

  1. STEP

    光回線の更新月を確認する

    光回線の解約は「更新月」を狙って手続きをするのが鉄則です。

    更新月は契約書面の控えやマイページから確認ができます。

  2. STEP

    利用中の光回線プロバイダに解約の連絡をする

    更新月を確認したら、利用中の光回線プロバイダに連絡をしましょう。

    連絡先は次の項目で一覧表にしてまとめているのでそちらをご参照ください。

    なお、フレッツ光を利用中の人に限り、NTTへの連絡とは別に自分でプロバイダに連絡して解約手続きを行う必要があるのでご注意ください。

  3. STEP

    回線の撤去工事に立ち会う/レンタル品一式を返却する

    光回線の解約を申し込むと回線の撤去工事日を決める場合があります。

    撤去工事には契約者の立ち会いが必要となるので、あらかじめスケジュールを決めておくのが良いでしょう。

    なお、撤去工事が不要な場合は後日送られてくる返却キットに、レンタル中のルーターやONUを淹れて返却手続きを行うことになります。

  4. STEP

    解約手続き完了

    ここまでの流れで光回線の解約手続きは完了です。お疲れさまでした。

光回線36社の連絡先一覧

固定回線事業者36社の解約する際の連絡先を一覧表にしてまとめました。

基本的には電話で解約手続きを行うことになりますが、それぞれの光回線でいくつかの注意点があります。

以下の一覧表で「光回線・連絡先・詳細ページ」の3つをまとめました(横にスクロールできます)。

詳細ページで注意点とその対処法を解説しているので、解約する前に一度は確認してから申し込むようにしてください。

光回線 連絡先 詳細ページ
フレッツ光
(NTT東日本/西日本)
0120-116-116
(9時〜17時)
ドコモ光 0120-800-000
(9時〜20時)
auひかり
※プロバイダで
連絡先が異なる
  • au one net:0077-7068(9時〜20時)
  • @nifty:0570-03-2210(10時〜19時)
  • @TCOM:0120-805633(10時〜20時)
  • AsahiNet:0120-577-108(10時〜19時)
  • BIGLOBE:0120-86-0962(9時〜18時)
  • DTI:0570-004740(10時〜17時)
  • So-net:0120-80-7761(9時〜18時)
  • GMOとくとくBB:0570-045-109(10時〜19時)
ソフトバンク光 186-0800-111-2009
(10時〜19時)
NURO光 0120-65-3810
(9時〜18時)
ビッグローブ光 0120-86-0962
(9時〜18時)
So-net光プラス 0120-80-7761
(9時〜18時)
@nifty光 0570-03-2210
(10時〜18時)
OCN光 0120-506-506
(10時〜19時)
DTI光 0570-00-4740
(10時〜17時)
DMM光 0120-660-481
(10時〜18時)
エキサイト光 Webサイトからのみ
楽天ひかり 0800-600-0222
(9時〜18時)
ぷらら光
  • 固定電話から:009192-33(10時〜19時)
  • 光電話から:0120-971391(10時〜19時)
  • スマホ・携帯から:050-7560-0033(10時〜19時)
hi-hoひかり
  • 固定電話から:0120-858140(9時〜18時)
  • スマホ・携帯から:0570-064800
Marubeni光 0120-152-602
(9時15分〜18時)
コミュファ光 0120-218-919
(9時〜20時)
eo光
  • 一般電話から:0120-919-151(9時〜21時)
  • eo光電話/LaLaCallから:1518(9時〜21時)
  • その他の電話から:050-7105-6333(9時〜21時)
メガエッグ 0120-50-58-98
(10時〜19時)
ピカラ光 0800-100-3950
(9時〜21時)
BBIQ 0120-86-3727
(9時〜21時)
auひかりちゅら 0120-994-778
(9時〜20時)
MEC光 Webサイトからのみ
U-NEXT光 0120-010-987
(11時〜19時)
AsahiNet光 0120-577-757
(10時〜17時)
Drive光 03-4218-2839
(9時〜19時)
@TCOMヒカリ 0120-805633
(10時〜20時)
SPEEDIA光 0120-55-7343
(10時〜18時)
光GiGA 0570-064-102
(10時〜18時)
Swift光 03-5796-6257
(10時〜18時)
IIJmioひかり Webサイトからのみ
光ライン 0120-916-933
(9時〜18時)
クイック光 0120-929-871
(11時〜19時)
TNCヒカリ 0120-696927
(10時〜19時)
enひかり 03-5534-9997
(10時〜19時)
レオネット 入居者専用サイト・アプリから

光回線の解約費用を節約するコツ

光回線を解約する時に発生する「違約金」や「工事費の残債」。

これらの費用はちょっとした工夫をするだけで大幅に金額を節約できます。

そこで本項目では光回線の解約費用を節約するコツをご紹介します。

解約理由が引っ越しなら「移転手続き」で乗り換え費用を節約できる!

引っ越し先でも同じ光回線に申し込む予定なら「移転手続き」をするのがおすすめです。

通常は住居の「解約金」と、新居での「開通工事費」の両方が発生しますが、移転手続きを選べばこれらの費用が大幅に安くなります。

たとえば、フレッツ光で移転手続きをする場合としない場合の費用は以下のとおりです。

通常の申し込み 移転手続き
解約金 10,450円 0円
開通工事費 戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:9,900円
マンション:8,250円

注意事項

NTT東日本エリア/西日本エリアの同じエリア内で引っ越しをする場合の費用です。
土日してで工事を行う場合は3,300円の追加手数料が発生します。

ご覧の通り、新居で普通に申し込むよりも移転手続きを選んだほうが初期費用は安く済みます。

同じ回線を使う予定があるなら解約してから新規で申し込むより、移転手続きを選ぶのがおすすめです。

引っ越しのタイミングが更新月なら「解約新規」も要検討

いま使っている光回線の更新月のタイミングで引っ越しをするなら「解約新規」もおすすめです。

解約新規は、文字のとおり一旦解約してから再度新規で申し込むことを指します。

解約新規には以下のメリットがあるので、解約金のかからない更新月に引っ越すなら移転手続きよりもお得になる場合があります。

解約新規のメリット

  • 新規申し込みのキャッシュバックが受け取れる
  • 開通工事費はキャンペーンで無料になるケースが多い

その一方で、解約新規にはデメリットもあります。

解約新規のデメリット

  • 契約者情報や支払い方法を再度登録し直す手間がかかる
  • 今までと同じIDやメールアドレスが使えない
  • 一旦解約する都合上、解約金が発生する可能性がある

これらのメリットとデメリットを見比べた上で、手間がかかってもキャッシュバックを受け取りたい人は解約新規で申し込むのがおすすめです。

逆に、引っ越しの準備で忙しいからなるべく手間を掛けたくないという人は移転手続きをお選びください。

違約金を負担してくれる4つのサービスがあることを知っておこう!

光回線のなかには、他社の違約金や撤去工事費を負担するキャンペーンを行っているところもあります。

光回線 キャンペーン 還元金額
ソフトバンク光 SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン 最大10万円
auひかり auひかり新スタートサポート 最大3万円
eo光
※関西エリア限定
他社違約金補填 最大5万円
コミュファ光
※東海エリア限定
乗り換えキャンペーン2021 他社違約金全額

これらの光回線なら、たとえ契約中の固定回線で解約金がかかるとしても後から全額が返ってきます

更新月以外に解約する場合はこれらの特典をご活用ください。

乗り換え先のキャッシュバックを最大限に活用しよう!

光回線への申し込みには「キャッシュバック」が付きものです。

たとえ解約金がかかる場合でもキャッシュバック金額が大きい魅力的なキャンペーンがある場合はすぐに乗り換えたほうが結果的におトクです。

以下、光回線ごとのおすすめ窓口をまとめているので参考にしてみてください。

利用中の
スマホ
窓口 キャッシュバック 受取時期
ドコモ ドコモ光(GMOとくとくBB)
最大20,000円 開通月から5か月目
au auひかり(GMOとくとくBB)
最大61,000円 開通月から12か月目・24か月目
ビッグローブ光
最大54,800円 開通月から2か月後
So-net光プラス
月額料金大幅割引
ソフトバンク NURO光
最大45,000円 開通月から6か月後
ワイモバイル ソフトバンク光
最大36,000円 開通月から2か月後
UQモバイル
ahamo
povo
LINEMO
enひかり 無線ルーター大特価キャンペーン

なお、キャッシュバックの金額だけで窓口を選ぶと大抵の場合で失敗します

なぜなら、キャッシュバックの条件として複数オプションの加入や別サービスへの申し込みが必要なケースが多いからです。

上記でまとめた窓口は、いずれもキャッシュバックの条件がゆるい安心の窓口です。

乗り換え先がまだ決まっていない人は、上記の窓口を参考にしてみてください。

光回線を解約する時のよくある質問Q&A

光回線を解約する時のよくある質問をまとめましたのでご参照ください。

解約月の利用料金は日割り計算される?

解約月の利用料金は日割り計算されないことが一般的です。

ただし、ほとんどの光回線は月途中で解約しても月末まで利用できるケースが多いので、利用料金が無駄になるケースは少ないといえます。

詳細に関しては解約手続きを行う際にオペレーターまでお問い合わせください。

解約のタイミングはいつがベスト?

解約のタイミングは更新月を狙って行うのがベストです。

更新月は契約書面で確認できるほか、マイページなどが用意されている場合はWebサイトからも確認ができます。

なお、多くの光回線は月途中で解約しても月末まで利用できるケースが多いので、更新月であればいつ解約手続きを行っても問題ありません

ルーターやONUって返却しないといけない?

光回線を利用する際、ルーターやONUをレンタルしている場合は返却しなければなりません

返却する際はケーブルなどを含む一式を返却しなければならず、欠品があると弁済金が発生する場合が多いのでご注意ください

回線の撤去工事って必ずやらなきゃいけない?

回線の撤去工事は、ほとんどの光回線で行う必要はありません

ただし、auひかりを戸建てタイプで利用している場合は撤去工事が必須となります。

その際には31,680円の撤去費用が発生してしまうので、他の光回線を解約する時よりも費用がかかってしまう点にご注意ください。

auひかり以外にも一部の光回線では撤去工事が必須となるケースも多いので、詳細を確認した上で手続きを行うようにしましょう。

解約後に再契約はできる?

解約後の再契約はもちろん可能です。

ただし、同住所で同一契約名義で申し込みをすると新規契約時の特典やキャンペーンが適用されない場合があります

具体的にいえば、開通工事費割引キャンペーンやキャッシュバックなどがもらえなくなるかもしれません。

光回線の種類は非常に多いので、特典が豊富な光回線に新規契約するのがおすすめです。

光回線を解約したらいつまで使える?

光回線の解約後は、基本的に月末まで利用できるケースが一般的です。

また、一部の光回線では回線の撤去工事が行われるまで使えるケースもあります。

詳細については解約手続きを行う際にオペレーターまでお問い合わせください。

光回線を解約したら固定電話(光電話)はどうなる?

固定電話をひかり電話として利用している場合、光回線の解約に合わせて電話番号が消滅してしまいます

ただし、NTT加入電話時代の電話番号を番号ポータビリティでひかり電話として使っている場合、アナログ戻しをすることで電話番号の消滅を防ぐことができます

アナログ戻しとは

  • 光電話として使っていた電話番号をNTTのアナログ回線に契約し直すこと。
  • アナログ戻しをすると光回線の解約による電話番号の消滅を防げる。
  • ただし、アナログ戻しができるのはNTTと契約していた電話番号で「番号ポータビリティ」をした光電話のみ。
  • 光電話契約時にあたらしく取得した電話番号ではアナログ戻しはできない。

アナログ戻しを行う場合は、利用中の光回線事業者ではなく、お住いの地域を管轄するNTT東日本/西日本に問い合わせをする必要があります。

なお、乗り換え先がフレッツ回線を流用している「光コラボレーション」であれば、事業者変更という手続きでひかり電話をそのまま継続できるので覚えておきましょう。

画像でわかる!光回線の解約方法まとめ一覧

当サイトで解説する「光回線を解約するときの注意点」の記事を一覧にしてまとめています。

ご利用中の光回線の画像を押すと解説記事がご覧いただけるようになっているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

本記事では、一般的な光回線の解約手順と連絡先を一覧にしてご紹介しました。

光回線ごとで解約時の注意点が異なるので、連絡先一覧からご利用中の光回線の注意点解説ページをご確認の上、手続きを行うようにしてください。